貸付規制を受ける総量規制対象外とは

総量規制とは2010年から施行されている貸付金額における規制のことです。

これにより貸金業者は年収の3分の1を超える融資をしてはいけないとしており、消費者は収入に応じた貸付を受けるよう制限されました。例えば年収が300万円の人は100万円まで、年収が600万の人は200万円までということになります。
また、1社に対する制限ではなく、契約している全社を合わせた制限なので年収が低い人は借入額がかなり制限されてしまうことになるでしょう。

さて、そうなってくると今後の借り入れに不安を感じる方もいるはずです。例えば住宅を購入したい、自動車を購入したい、結婚式をあげたいと思っているけど、十分な資金を借りられないという懸念です。
しかし総量規制対象外になるケースがあるので問題はありません。

総量規制対象外とは、銀行などの金融機関からの融資や債務者が有利な借り換えのことです。
金融機関のフリーローンや目的別ローンなどの各種融資商品への影響はありませんので、住宅を購入したい、自動車を購入したいという方には希望する資金を融資できます。また、貸金業者からの融資でも、おまとめ商品など債務者の返済に有利になる借り換えにも影響しません。

ただ、対象外の融資であっても、もちろん審査があります。審査に通過できなければ総量の問題をクリアしていてもお金を借りることができません。
自分の条件にあった融資を希望し、申込みをしてみてください。