仕事を持つ主婦と専業主婦がカードローンを利用する時の違いとは

仕事をしている主婦がカードローンを申し込む場合は、自分の名義で申し込むことができます。この場合は本人確認などの書類も、すべて自分のものを準備します。一方専業主婦が、カードローンを利用してお金を借りる場合は、収入のある家族の名義で申し込むことになります。通常は配偶者の名義になり、書類も配偶者の物を準備します。また専業主婦の場合は、審査も配偶者の収入や信用情報をもとに行われ、もしブラックがあった時は、通るのは難しくなります。
それから仕事をしているか専業であるかにかかわらず、借入や契約の際には注意しておきたいことがあります。まず消費者金融には総量規制があり、年収の3分の1に当たる金額までしか借入ができません。もしそれ以上の金額を借りたい時は、総量規制のない銀行の利用をお勧めします。また専業主婦が利用する場合は、事前に配偶者の同意が必要になります。もし内緒で借りたい時は、こちらも銀行がお勧めです。
そして申込の時には、何社まで申込めばいいのか、件数にも気をつけましょう。あまり多くの会社に一度に申込むと、返済能力を疑問視されて、審査に落ちてしまうことがあります。これを申込ブラックといいます。せめて2社、多くて3社までに留めておき、それも結果がわかってから次のを申込むようにしましょう。もし申込ブラックになった場合は、半年待つようにしてください。半年経つと前の情報が消えてしまいますので、再び申込が可能になるからです。