在籍確認なしの銀行カードローンはあるの?

大手の消費者金融では、給与明細や社会保険の健康保険証を提出すれば在籍確認が免除されるというところもあるようです。しかし、銀行カードローンで在籍確認なしという話はほとんど聞きません。

そもそも、カードローンというのは無担保・無保証で借りるものですから、本人が給与収入を得ているということがとても重要になります。働いていて収入を得ている人なら、いざとなったら給与口座を差し押さえて借金を回収するという手段もとれます。自営業の人はこの点で不利になりますが、自営業の人でもしっかりと収入の証明ができるなら数十万円の融資を受けられる可能性はあります。

銀行カードローンには保証会社がついており、どちらかというとこの保証会社の審査が重要になります。なぜなら、債務者が返済不能になっても保証会社が代わりに一括で立替払いをしますので、銀行にリスクはありません。その一方で、保証会社は少ない保証料で大きなリスクを負っていることになりますので、貸金業者で借りる場合よりも厳重な審査がされます。銀行が職場に電話をかけない場合でも、保証会社が在籍確認を行うケースもあります。

このように、在籍確認なしということは原則としてありません。しかし、金融機関としては本人が申告した勤務先に偽りがないということがしっかりと確認できればよいので、給与明細や社会保険の健康保険証のような勤務先を証明できる書類を提出すれば在籍確認なしで借入ができる可能性もあります。まずはコールセンターに電話をして相談をしてみましょう。