ローン審査に通らない理由について

カードローンを利用する場合、銀行と消費者金融の2つの選択肢が在ります。
カードローンが利用出来るといつでも好きな時に現金を利用限度額の範囲内で繰り返しキャッシングが出来る、お金を借りる事が出来ると言った利便性が在り、利用されている人も多くいますが、ローン審査に通らなければ利用する事が出来ません。

審査に通らない理由と言うのは、申し込み額が返済能力を超えた金額になっているケースが多くありますが、これ以外で多いのが個人情報の中に自己破産や延滞などの金融の中での事故の情報記録が在る場合、他社からの借入が多く在る場合、借金をしていた時の返済度合いが悪く、たびたび遅延をしている場合などになります。

申し込みをした後には必ず個人情報が照会される事になるのが特徴です。

この個人情報と言うのは信用情報機関が管理を行っている情報データベースで、現在国内には3つの信用情報機関が存在しており、銀行や貸金御者、信販会社などは異なる会社に加盟登録をしているのが特徴です。

銀行や貸金業者は異なる会社に加盟をしているため、個人情報はそれぞれの会社の情報を照会する事になりますが、銀行の保証会社が貸金業者になっている場合では、銀行と貸金業者が照会することが出来る個人情報は個別なものとなるため、何れのかの個人情報に事故の情報記録や借金の情報、遅延などの情報が記録されている場合は通らない可能性が高くなりますし、個人情報は照会が行われる度に申し込み履歴が残るため、申し込みブラックの状態となり、通らないケースも出て来ます。